2007年10月09日

CLANNAD第一夜(&その他鑑賞したアニメ)

《現時点で知っていること》
・劇場版
・過半数のキャラの名前
・風子が作っているものと、風子自身の正体
・ことみの両親のこと
・智代と生徒会長職と主人公の関係
・メグメルを聞くためにはどうすればよいか
・長くて終わらない&ランダムイベントが入っている。

CLANNADはプレイしたけれど、誰もクリアしていません。
知識としては知っていても、それにどう魅せられていくのか、期待大です。翌日有休を使って後輩と鍋と共に見た今回の感想は「さすが京アニ、横綱相撲」です。やはり役者が違う。

「この街は嫌いだ」

その一言と共に幕が上がる色褪せた世界、それが渚との出会いでつきかけた蛍光灯のように瞬きだし、そして朋也が声をかけた瞬間、本当の「幕」が取り払われ、OPになだれ込んでいく。このシーンに掛かる音楽が、また原作そのまま。CLANNADは音楽は好きなのに文章で挫折してしまった作品なので、こうされて期待するなって方が無理です。
またそのOP(remixらしいですが)も、草原を走っていく最初の部分で見入ってしまいましたよ。あの少女は劇場版のおかげで半分ネタバレいただいているので、最初から妄想が尽きません!

第一話はプレイしていたので話の流れにおいていかれることはありませんでした。「AIR」のどろり濃厚ピーチをさりげなく出してきたりするところが憎いですね。
そうそう、Kanon最終話のときの予告で出ていた「お連れしましょう… この街の 願いが叶う場所へ」を早速見れてしまったのも嬉しかったです。ただし、台詞は「お連れしましょうか?、この町の、願いが叶う場所へ」でしたね。
この台詞がどれほどの重要性のあるキーワードなのか、それすら、今の自分には判断する事が出来ません。だからこそ、次回以降からも楽しみです。


※おまけ

<キミキス pure rouge>
「なにをないているの」の字幕に「a tair」を連想したり。真央姉ちゃんが顔覗かせたドアに東鳩を重ねる古い人です。
原作破壊型だそうですけど……う、うん、漫画版(東雲太郎)2巻はすごくえろかったですね(笑) 次DCⅡ行きます!

<ガンダム00>
……ガンダムティラミス?(○ガンダムデュナメス 素で空耳)
曲がった意味での注目作。Wのリスペクトなのかしら。ちょっと平和的なオペレーションメテオにヒイロ・ユイ。で、でも一話で決め付けるのはよくないと思うので生暖かく視聴を続けたいと思います。武力で戦争をなくす云々の設定には沈黙しておきます。まずは「私設武装組織」と聞いて、市民から「テロリストじゃないか!」って声が出なかったのが不思議。
posted by あるごる。 at 11:35| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック