2005年01月23日

1月23日の読書

陸上自衛隊本体を輸送する海上自衛隊の輸送艦が「くにさき」だとーっ! いやっほーぅ! 国崎最高ー!

※国崎最高
(AIR7月19日:観鈴を送っていった後の選択肢→学校の中に入る)
往人「終業式だとか言っていたよな、確か…」
校長の話が終わった後に、おもむろに壇上にかけあがり…
往人「いやぁ、退屈なお話だったな」
往人「さてお次は俺様の人形劇で大いに笑ってくれ」
生徒たち「いやっほーぅ! 国崎最高ー!」
女子学生「あら、わたし惚れちゃいそう。うふ」
などという好都合な展開になるはずもなし…。

閑話休題。

精読:2005年度版 社員ハンドブック(清話会出版)
JUNKにて書かなければいけないような感想を持ちました、とだけ。
ただ、本の好き嫌いとはとは全く関係ないところで質問です。

エレベーターって、自分が先に乗りお客様or上役は後に通すものですよね?

『エレベーターは中が見えなくて、何があるかわからない。だから自分が先に入って危険を確かめて、その後にお通しする』と父から習ったんですが……この本だとお客様が先(ただし、大人数を通すときは自分が入って開ボタンを押し続ける)と書いてるもので。
この記事見た方でご存知の方、掲示板でもコメント欄でもいいですので正しい作法を教えてください!


※当時コメントをいただきました。ありがとうございます!
posted by あるごる。 at 23:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック