2016年02月24日

対案を出せ、話はそれからだ。

フォントいじりが自由にできないと書いた気になりません。こんばんはあるごるです。
いや、書くだけでなく見るほうもか。「プラッチック」っていうテキスト系サイトが大好きだったんですが、昨年末ブログに移行されたんですよね。
もともとそんなにいじる方じゃありませんでした。せいぜい文字色と、太字強調ぐらい。
でも、ブログだと、過去記事がずらずら続くせいか、いままでみたいな<font face="ワンピース">ばん!</font>というインパクトがなくなって、なんか今迄ほど笑えなくなってしまいました。

このブログもなんとかかんとかフォントいじりをがんばってますが、毎回難航しています。フォントサイズ変更とフォント色ぐらい重ねがけしたいんですが、いかんせん情報がなくて・・・。SPANタグは重ねがけも、ひとつの<>内での複数指定も可能なはずなんですが。


昔に比べて情報量が増えたせいか、検索しても有用な情報にヒットする確率って落ちた気がしませんかね?(よし本題に入った)

たとえば、あるごるの最近の悩みが、職場でのうるさい私語。
私語っていうか吸収合併先の要職が自分と同僚のヒラで年齢は部長と同じぐらいの、時間があればお局よろしくねえねえ今日のばんごはんなににすんのー?とパートや派遣に絡み、明日があるから~と足を引っ張ったうえで自分は17時以降からやっとおっそい仕事を始め、人がいなければかまってちゃんよろしくあれ?おひょ?てれってれーと独り言を言うか奇声をあげ、何か少しでも難しいことになるとだめだ無理だと連呼しリーダーシップがねえんだよ課長の文句を言い、俺いつ辞めてもいいんだもんというが実際親の遺産でマンション複数持ってキャデラック乗ったりしていてクビにしても痛くも痒くもなく吸収先の拾われ組の待遇についてことあるごとに人事に楯突くいわゆる「無敵の人」がうるさいんですが。って書いててマンガだ。

この手の悩みを検索すると、まずまっ先に引っかかるのが「引き寄せの法則」。「あなたがネガティブな気分だからネガティブな物事が引き寄せられる!」このネタは本が書けそうだから売れるようにとっておこう(笑)でもお呼びじゃございません。

次がカウンセリング系。「気にしないようにしましょう。“私語”と“あなたがイライラする”を結び付けなければいい。それを不利益な出来事にしたり、ネガティブな意味づけをしているのはあなたです。」
それで士気が下がったり、ミスしたり、チームとして尻拭いしなければいけないって実損はどうなるんですか。

「あなたの甘え・力不足。言った時のデメリット(関係悪化で仕事が進まなくなる)と比較して、自分で和を乱さないことを選択しているのだから。はっきり言えばいいだけ」
これもアウト。職場の輪と自分の仕事環境を両取りしてはいけない法はないですよね。

「上司の指導力不足」
はい、いわゆる「書生論」。正論だけど、上記のような輩は年下上司から言われても何も効かないですよね。人事もこんなの投げる先がないから囲っておいてよ、となるだけでしょうし。

かといって、仮にも職を得ている身ですから、毎週このペースで掲載されていたら水戸黄門の悪代官よろしくこの世のトメウトメは死滅してるんじゃないか という「DQN返し」なんかやれるわけ、ないですよね。多くが犯罪ですし、親戚と違って会わないわけにはいかないですもの。

なんでこう大多数の情報はピントがずれているのか。
欲しいのは「いまこの瞬間、直ちに症状を除く方法」であって「寝てれば治ります、安静に」じゃないんだって!例えば、

鼻から攻めるのはどうでしょう。誰でも簡単スギ花粉の集め方!
とか
効果覿面! これが「モスキートトーン」を超えた低周波不快音「シャラップトーン」だ!
とか。

どうです? こういうのが「実践的な情報」ですよ。残念ながら個別に検索しても出なかったけどな!


……耳栓買いますか。安眠用でなくライフル用の。
iPhoneロックは「俺がタダで解除してやる」
どうせぐだぐだ言うならこれぐらいのことを言ってほしい。
posted by あるごる。 at 00:00| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック