2006年09月15日

あるごる、占い師に斬られる

以前は『暴走特急』『特攻王』『あるごるは勇者だ、ただしメイドカフェのな…』などと言われ、好き放題ネタに向かって生きてきた私ですが、この年になると、時には自分の進むべき道を誰かに示していただきたい時もあるのです。こんばんはあるごるです。
というわけで、今日、手相占いなぞに色気を出してみました。
……タイトルの通り、まさかさっくりやられるとは思ってもいなかったのですが。

実行にあたって、お金を出したわけではありません。新宿の献血ルームを利用したのです。新宿東口にある献血ルームでは、献血者を増やすためにあの手この手のサービスを毎日のように行なってまして、そのうち第一・第三金曜日は『手相占い』をしているそうです。
まあ決して狙って行ったわけではなく、本当に偶然だったんですけど、無料でやってもらえるならそれに越したことはありません。
400ミリリットル抜かれたあと、アイスクリーム片手に特攻の拓を読みながら順番待ちして占ってもらいました。
ざっとこんな結果でした。

・生命線は長いけど、慢心しちゃダメよ(まあ、当たり前)
・どちらかというと文系で、クリエイター的な仕事が向いてるわ(これ、よく言われます。適職診断すると大体事務職には向かないタイプと言われます)
・趣味で、何か芸術的なのとか、造るのをした方がいいわね。じゃないとストレスたまってどうしようもなくなっちゃう(だからSS書いてます…。)
・傾向としては、結構ロマンチストね(これも人からよく言われますが、自覚はさっぱりです)
・右手ね、マイホームパパの傾向がでてるわ。マスオさんタイプっていうのかな? とても家族大事にするでしょう(これは流石に…言われたことはない)


で、問題だったのが仕事運。年齢聞かれた後に見ていただいたんですが……

「仕事運は運命線なんだけれども、途中で消えかかってるのね。今はいい方なんだけれども、30代あたりから薄くなってるでしょ。ここから裏方に回っちゃうかもしれない」

そして、さらなる追撃。

「で、出世の傾向も今のところないのね。薬指の下辺りにね、太陽線って言うのが出るとそういう兆候なんだけど、今は全くきれいだから」

――きれいな手で悪い線はぜんぜん出ていないから全般的にいいと思う、と言われましたが、いや、ざっくり。悪い結果混ぜた方が信じるんだからなんでしょうけど、いやざっくり。
世の中甘くないですね、手相が変わるよう頑張ります……(泣)
ちなみに結婚線ですが、30代付近にチャンスアリとのこと。
これもまあ割と言われてる事なんですけど……一人じゃできないし、話半分かなぁ。

なお、Web拍手は読んでこっそり笑っているときが多いです。時々、どこの記事へのメッセージかなと悩んでることもありますが(汗)
posted by あるごる。 at 20:39| 東京 ☁| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
>同人誌
処分するからには良いものでなかったんでは……
100円ワゴンセールに並ぶようなものだとダメでしょうな。

>手相占い
ttp://www.unnmei.com/tesou/tesou.html
ちうサイトもあります。
Posted by 社務亭流 at 2006年09月17日 00:02
>手相占い

って今やってみたらプレミアム手相が出た……
Posted by 社務亭流 at 2006年09月17日 00:10
特A級ですた。
とはいっても、トラックボールできれいに書くのはちょっと無理……
Posted by カワウソ at 2006年09月17日 09:09
私はB級 ふつーの手相でした……
しかし、書いてある内容の大部分に心当たりがあるだけに、結構うまく作られてるなぁと思ってみたり
Posted by 村田 at 2006年09月18日 08:50
というわけで、遅くなりましたが手相占いやってみました。これだとプレミアムが出ました…。
うちの光学式でも正確に書くのはまあ無理ですけど…。
ちなみに、実際に手相を見ると一人一時間は軽くかかるそうです。詩化して沿うってのは占いというよりは統計学なので、割と当たるというのも聞かされました。
Posted by あるごる。 at 2006年09月20日 21:58
>詩化して沿うって
打ち間違えでもないのに凄い誤変換(笑)
とかいいつつうちのATOKでは「而してそうって」
と出たりしますが。
Posted by カワウソ at 2006年09月20日 23:45
あわわ、突っ込まれたら「しかし手相って」と、こっそり修正できないじゃないですか(苦笑)
Posted by あるごる。 at 2006年09月24日 02:58
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック