2006年06月23日

謎は、すべて解けた……

『魔術師タンタロンの12の難題』、ネットの力も若干借りてようやく謎が解けましたー!!
子供の頃からのもやもや感が、ようやく解消できました! この『スッキリ』は他と比べようもないですし、それがSchatzkiste店内だって言うんだから格別です。

こんばんはあるごるです。今日はサイレントヒルと化していためいどinじゃぱんに初入店し、ポイントカードにプリクラを張ってもらった(メニューは高かったけど、ポイントカード作ってくれたメイドさんのノリはすごくよかった)あと、Schatzkisteで閉店まで、このタンタロンの謎に挑んでいました。
もっとも雨が降ってきたとの声に、めいどinじゃぱんに傘を忘れてきたことを思い出して、走って取りに行ったりしたんですけどね(汗)

3回目ともなると、メイドさんのこともなんとなく分かってきました。
たとえば攻撃力99のメイドがいるとか、Mいじめには興味がなく、SをいじめたいどSのメイドがいるとか(笑)
あとネームと顔が一致するようになりましたね。エリスさんは、今まで行った3回ともいらっしゃったなぁ……。

しかし、たとえゲームブックに熱中していても、メイドさんとも他のお客さんとの間でも居心地が悪くならない店ってないですよ。それどころか、謎の探索のため、お客さんの一人からルーペ借りる始末(大汗)
あれこれしゃべってみたり、ようやく解いた謎を回覧してみたりと、時間がたつのがあっという間でした。手作りお菓子も初めて食べたし、無謀な真似をした甲斐が今回もありました。
めいどinじゃぱんを出るときは、単騎駆けだったので、男女4人組に後ろから失笑を浴びせられるという嫌な思いもしたんですが、そういうこともないSchatzkisteは、本当にすばらしい場所です。


さて、追記文ではタンタロンの真のゴールだけの答えを書いておきます。
需要がどれほどあるか分からないですけれども、私のように長年苦しんだ人が、すっきりしてくれることを願ってやみません。

この最後の謎の回答は、印刷技術の限界に挑戦するような小さい文字を追っていく必要があります。
私が調べて見つけた情報も「正解の石版には小さい字で指示が書いてある」というものだったんですが、まさかルーペ必須の小ささだとは思いませんでした(苦笑)

本当はいくつもの石版を見ながら探さねばならないんですが、手っ取り早く行きます。『321』の石版のふちを見てください。「タンタロンはガランタリアに幻の姿を……」的な事が書いてあります。
この文末には628とあるのですが、実際に『628』を見ても、タンタロンは相応しい財宝を用意した、そこを調べよ云々としか書いてません。印刷が不鮮明なため、私はここの文章でノコヲシラベヨ=鋸を調べよと勘違いし苦労しました……。

というわけで、素直にタンタロンの亡霊を探しましょう。
居場所はミッション10の左側の絵。ターゲットは川辺に座っている老人です。この老人、よく見ると、水に映っている姿が鷲。つまり虚像なんです。
(ちなみにこの鷲が、「獣の子を狩る弓を持たぬ狩人」だと思われます)
この老人の脇に意味ありげにおいてある剣を調べると「正義の剣は、勇気の王冠と共にあり。真のゴールはそこにある」みたいなことが書いてあります。さあ、あと一息で真のゴールです。

で、最終ページに行って、玉座においてある王冠を調べても何も書いてません。
真の王冠は、裏表紙の上段中央部にある安っぽそうな、とげのいっぱいある王冠です(ちなみにイントロ部分にも、青っぽい王冠がありますが、これもフェイクです)。

そこに書かれている褒賞は…皆さん予想できるでしょうけど、ぜひ自分の目で確かめてください☆


私はルーペで何とか読んだのですが、一部メイドさん&お客さんは裸眼で読み上げました……。世の中には顕微鏡アイをもった方がいるものです^^;;


posted by あるごる。 at 00:43| 東京 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
エリスさんは、いつ居たっておかしくないですよ。
メイド長だもん。
Posted by ステア at 2006年06月23日 22:26
なるほど! いいようにメルさんに突っ込みいれられてたけれど(^^;、リーダーなのですね。
Posted by あるごる。 at 2006年06月24日 02:13
コメントを書く
コチラをクリックしてください

この記事へのトラックバック