2012年09月11日

戦争は、確かに惨めだ。しかし…

上海マラソン、尖閣国有化で中止見込み。

http://www.jiji.com/jc/c?g=ind_30&k=2012091100390


漁港を作ろうがやめようが、領土問題とはつまりこういうこと…。
台湾も事実上の駐日大使を召還すると明言しているし、日本だけが、常に、甘い。
カネカネキンコのキギョウ様にへえこらして腰砕けたつけが回った、というわけだ。

尖閣も、竹島も、危険だ。
今度こそ、他国の砲火を浴びて、自衛隊が「応戦」を迫られるかもしれない。

我々は、それでも立つ覚悟があるのか?
私はただ、以下を、多くの人に、共有してもらいたい。


『戦争は、確かに惨めだ。しかし、その戦争をしてでも守ろうするものを持たぬ人間はもっと惨めだ』
『正義なき力が無力であるのと同時に、力なき正義もまた無力なのですよ』

posted by あるごる。 at 17:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | 更新情報をチェックする